Sクリニック

4年前自宅をメープル(現アンビエントホーム福岡)で建てていただいたSさん
道路拡張をきっかけに、歯科医院の建て替えの話を頂きました
自宅の時の打ち合わせでは「長年の夢もあるので家内の好きなように・・・」と見守っておられたご主人でしたが、病院の事になると別です
とても嬉しそうに、そしてまた真剣に、毎回色々な資料を準備されて遅くまで熱い打合せとなりました

輸入住宅そのままの医院もすでにいたるところで見受けられます。
当社は『輸入住宅の性能と木のあたたかさを取り入れながらも輸入らしくない歯科医院』を提案しました

S歯科医院はお若い先生ですが、すでに多くの患者さんに親しまれたクリニックです
イメージカラーの青と大理石の白を残し、前より医院らしいシンプルで清潔な建物としました
区画整理でメイン道路と高架化された駅との双方から見えることから円筒状のサイン塔を建物にクロスオーバーさせた今までにないデザインです

開院後、診察室より顔をのぞかせて「前より忙しくなって・・・」と言って頂いたとき、先生のお力とはいえ、患者さんにエムズのデザインを認めていただけた思いにほっとお肩の荷を下ろしました

S医院ファサードサイン塔と建物を一体化させた他にないデザインの外観
後方、高架化した駅のホームからもわかるようにデザインしたサイン塔


s_13tekkotu鉄骨のサイン塔は木造の本体に負担をかけないように自立しています


S医院アプローチ大きなカーブを描く医院のアプローチ


S医院造付ソファやさしくカーブしたガラスブロックのソファー
待合室は居心地良く過ごしてもらえる空間です。


S医院受付カウンターイメージカラーのブルーでまとめたカウンターはエッジを丁寧に無くしたディテール(細部)
やさしく患者さんを迎えます


s医院の診察室やさしい木製扉で診察室に入ります
診察中の視線は自然と天井になるためにゆとりのある傾斜天井には、診察台ごとに天窓を設けます。
床暖房が快適な診療を文字どうり縁の下から支えています

S医院診察コーナー長年の医療で培ってこられた先生とスタッフの皆さんの動線と医療機器を納める家具のデザインレイアウトを含めてすべて当社でデザインさせていただきました


患者さんにとって一番身近なかかりつけのお医者さん
医院建築は、先生の医療を自然にかもし出すデザインでなくてはなりません。
安易に輸入住宅のデザインを取り入れることなく、高度な医療と博愛精神といった先生をイメージできるそんなデザインを心がけます

▲TOPへ戻ります


■写真集

S医院サイン計画
S医院サイン計画
S医院読書コーナー
S医院読書コーナー
S医院待合全景
S医院待合全景


S医院カルテ棚のコーナー
S医院カルテ棚のコーナー
S医院診察用パーティション家具
S医院診察用パーティション家具
S医院上棟時
S医院上棟時



▲その他の建物TOPへ戻ります