LaputaⅡ

路地を入ると目の前に宇美川が開ける住宅街。
やわらかなトーンの外観とシャープな格子状のベランダが特徴のSアパートです。

最近宅地化が進む志免町は、一戸に一台以上の駐車場を義務付られた環境の先進地域。
アパート用としては、広いとはいえない戸建住宅の敷地。しかも10mの高さ制限。採算上必な10戸と11台分の駐車場という条件に加え、S様のアパート経営のノウハウがつまった要望書。

メープルの出した答えは、駐車スペースに変化のある住戸をのせたプラン。
住居部分がまるで宙に浮いたような外観に、(天空の都市)LaputaⅡと名づけました。
メープルがアパート?と感じられた読者の方も多いことでしょう。
もともと当社は住宅の好きな設計事務所がはじめた会社です。オーナーにきびしい条件や、いいものを建てたい!と頼まれると設計士の血がさわぎます・・・。どんな建物も住みやすさが基本ですから。

LaputaⅡは、マンション並みの強い構造の重量鉄骨造ですがそのために建物を支える杭工事が必要です。志免町ではアパートの建築には近隣の方の同意が必要です。戸建が中心の当社にとって隣にアパートが建つことの心情は十分に理解しています。
近隣の方との空地や窓の位置、ベランダの位置まで模型や図面でご説明。振動の少ない杭工法を採用したり、高さを極力抑えたり、プランの変更にも対応します。環境への配慮も十分にしていると近隣の皆様に理解をいただきました

でもこのアパートがメープルらしいのは、その住環境のクォリティ。
清潔感のある内廊下から入るプランをはじめオートロック、浮き床構造などマンション並みの設備。床下収納やクローゼット、天井までの靴箱と姿見など使い勝手はいうまでもなく。限界までとった広い空間と、くつろげるベランダ等々引越しシーズンオフの竣工とはいえ1ヶ月半で満室となりました。

Sa_01
正面
地下鉄の発達で、若い人の注目を浴びている志免地区。モダンなイメージの正面は今までのアパートとは違うイメージです

Sa_03
エントランスへ
Sa_05
玄関ドアのグラッフィック

内玄関から入るセーフティーなプラン。オリジナルカッティングシートでデザインしたモダンな雰囲気の玄関。

Sa_07
内玄関
玄関を入ると天井までの下足箱と
全身ミラーが新鮮です
各住戸には床下収納が標準です



Sa_10
ワンルームなのに間仕切りドアがプライバシーを高めます
Sa_09
ペアガラスサッシの室内
白で統一された、シンプルで清潔感のある室内。ペアガラスサッシと防振浮き床構造による高い
防音性能はアンビエントホーム福岡の標準。


▲トップへ戻ります




photogallery-15.gif


▲その他の建物のトップへ戻ります