南北の細長い敷地に建つ家

間口9mの細長い敷地のEs邸です
「輸入住宅は高いと思ったので」と
最後にお問合せいただくことの多いのですが
やっぱり夢をかなえたいとご希望をお聞きしたのですが、敷地は間口が狭いかたち
将来の街の姿をイメージしながらのプランニングです

NorthEastから見る
外観のイメージ
パーマストーンの1階部分とサイディング横張りの2階部分の2トーンがお気に入り

South West から見る

今はまだ建っていないものの、いずれ両隣に家が建ちます
間口を考えるとデザインのポイントは正面と南のバルコニと考えられます
南北にEs氏お気に入りのボーウインドウを配し1,2階の窓を整えるも

 

Interior

設計の関心は将来のプライバシー確保に注がれます
南東にたっぷりとした光の筒を、さらに奥にオープンスペースを配し立地の欠点をカバーします
バイアスに貼ったフローリングや、ガラス入りのクローゼットドアなど細部への配慮はプランでは見えないクオリティです

 


アーカイブ(書庫)に関連記事があります
Archivesへ


▲chic-simple自由設計へ戻ります