Perfectガーデニングvol.03

ガーデニングのすすめ
四半世紀を経て、福岡市内の平均的な分譲地は80坪から60坪へと減少しました
とはいえ、首都圏の住環境とは比べものにならないくらいの外部空間が取れることは違いありません

    充分なコストを建物にかけた後に外構にも充分な予算をというのはむずかしいですよね
    そこでお勧めするのはガーデニングの住み分けです
    1.門扉やブロックなどハードな部分はプロに任せる
    2.レンガを低く積んだり、並べたりのセミハードな部分と中低木の植栽などはDIYでゆっくり仕上げます
    特に日本庭園でなければターシャ テューダーおばあちゃんのイングリッシュガーデン本などを参考にしながらゆっくりと楽しみながら造っていくのがポイントです

農地からの転用で180坪ほどの外部空間を持つYK邸は決して潤沢でない予算ながら、きちんとしたガーデニングの計画をたてて、ほぼ3年かかって2つの庭を完成されました
これはそのレポートです、皆さんに希望を与えれくれること間違いないと思います。

    基本は、以下とおりで完成率は3年で70%といったところです
    A.アプローチ:マルチストーンの石貼(まだ実現していませんが、希望の石材に合わせてコンクリートをやや低く仕上げています)
    B.南のローズガーデン
    C.北のハーブガーデン
    D.門周りのイングランドブリック貼(オールドレンガが厚く、途中でメープルの職人さんに交代して仕上げました(笑) )


完成引渡し時の外構完成引渡し時の外構です
写ってはいませんが、防犯上のブロック塀と門扉とフェンスだけでお引渡しです
まずは、玄関までのS字にカーブしたレンガのアプローチと南の庭の中心となる円形花壇の政策ですね

フラワーポットの完成フラワーポットの完成
手作り感がやさしいイメージをかもし出す「円形花壇」は白モルタルで目地がとられていますね
次は表土を覆う芝生植えです
むずかしそうに思われるかもしれませんが、けっこう多くのオーナーがチャレンジされ成功しています
少し荒く貼ってもちゃんとつながります
水を欠かさないのがポイントとか


花壇の風景花壇の風景
完成した花壇の初夏の風景です
アクセントに置かれたアンティークな消防ホースリール車
ツルバラをはわすために用意されたゲートや、とび石状のレンガ、フェンスを覆うのを期待してやや高く置かれたフラワーポットなど工夫のあとがガーデニングの楽しさが表現されてますね


ガレージへのアプローチガレージへのアプローチ
次は門を通らずにガレージへ行くためのれんが歩道を造ります
機能的に直線ですが交差点も創りました
壁と違って、舗装にレンガを並べるのはずっと容易でデザインする余裕も見られます


2年目の外構2年目の外構
たくさんのバラが植えられたりポッティングされました、中木もそこそこに根付き風格もでてきましたね


3年後のガーデニング3年後のガーデニング
つる系の植物の成長は早く、イメージの庭へ変身です
たくさんの作業を物語るガーデニング資材が垣間見えます


テラスの緑テラスの緑
硬めに焼いたテラコッタタイルで広めに設計したテラスもポットを置くだけでなく、枕木やレンガで造った花壇で連続的に庭へとつながります
素敵です


テラスより庭を望むテラスより庭を望む
花壇を中心にガレージ、犬舎、バラ棚で囲われたコージーな庭です


玄関アプローチ玄関アプローチ
アプローチを見張る2匹の番犬の勇士です
ご主人の手作りレンガアプローチの上を悠々と少しユーモラスに歩きます


北側ハーブガーデン北側ハーブガーデン
南と同じくらいの広さのハーブ&キッチンガーデンです
整然と格子状にレイアウトされた花壇に数々のハーブが育っています
キッチンからはウッドデッキを通り日々の食卓を彩ることでしょう


いかがでしたか
「こんなのは難しそうで出来ない?」そのときはいつでも私どもにSOSを下されば大丈夫です
エンジョイ ユア ガーデンライフ!


▲トップへ


▲北米型住宅のTOPへ戻ります