Parfectアンのいえ Vol.01

いつもカーテンでお世話になっているインテリアショップから電話をいただきました
「今新築を考えているお客様がおられるのですが、当社でコーディネートを手がけた住宅を見学していただいています、MHFのお宅も見学させてください」
OKすると「事情があるのでショップの方で案内するとのこと」見学希望のお宅へアポイントをとってあげました

    忘れたころにショップから連絡が入り、MHFの家が気に入ったので建てて欲しいとのこと
    長い間建築をしていますが、こんな例ははじめてです
    さっそく、とても明るいYkさんご夫婦にお会いしました

お気に入りの住宅の載っている雑誌と、今までに集めておられる家具とアンティークドア、マントルピース、照明器具のスナップ写真を用意されておられる奥様
スニーカー、模型、フィギュアー、コカコーラのボトルなど多彩なコレクターのご主人

    お話がはずみ、後日、敷地とアンティークショップの倉庫を見せていただきプランニングに入ります
    十分な広さの敷地のおかげで、設計は問題なく進みます
    時間をかけたのは、今までになく細かいディテールやインテリアの打合せです
    イメージに合わないときは、お気に入りのレストランやショップをいっしょに見て回ります

Ykさんの建物へのイメージは的確でぶれはありません
多くのスケッチや図面を真剣にチェックいただいて進みます
完成までに交わしたメモとFAXはファイルボックス2つ分、約30cmの厚さになりました
それにふさわしい出来栄えです
Ykさんに今までにない笑顔をいただきました

完成直後のファサード完成直後の南正面です
この位置は庭からのみの取って置きのアングル。
外壁のクリーム色も、屋根のブルーも即決でしたがゲーブル(破風)やポーチポスト(玄関柱)のモールディングまで慎重にセレクトしました
レンガ積みの花壇はご主人の作でこれからのガーデニングヘの意気込みを感じさせます

門よりの全景外構が完成したYk邸を門より望む
玄関までのS字のアプローチも手作り
しかも文字のあるオールドレンガまでご自身で探してこられました


アプローチの風景玄関アプローチ周りの芝生やバラ、ポットもきれいに植えられた様子です


ガレージより本宅を望む夕焼けに浮かぶ住宅とガレージ
スケール感も北米そのままのたたずまいです

ガレージ余裕のアプローチのおかげで2連に分けたガレージドアとアングル付の開口もオーナーの趣味を実現したものです


▲トップへ


おもてなしのリビングルーMファミリールームとリビング・ダイニングをきちんと分けたYk邸のリビングです
お気に入りカラーのクリームだけの配色ですが、巾木・廻縁・開口枠・シーリングセンターとスケールを意識しながら選びます
もちろん輸入が基本ですが、気に入らなければさらに国産メーカーの特注品までチェックしてまとめた本物の空気感がただよいます

おもてなしのダイニングルームリビングからアーチの開口でつづくダイニングルーム
アンティークショップに「取って置き」のアンティークダイニングテーブルはエクステンションすると全長3mですがこれに負けない空間のボリュームを作り出すことに腐心しました
すべてに余裕を必要とするYk邸でもプランの要です

ファミリールームフォーマルなリビング,ダイニングに比べぐっとカジュアルなファミリールーム
長年使い込んだパインのテーブルやプレーンなローマンシェードがカジュアル度を演出しています
カジュアルが乱雑にならないよう、丁寧に収納を配置するのはMHFの仕事です

キッチンメープル材でカジュアルに仕上げたキッチンです
サイドパネルやクラウン(トップ飾り)で仕上げながらなんとなく使い込んだ感じがするのは、アンティークの勝手口ドア、照明器具、ガラスノブなどのオーナーとMHFで探したパーツのおかげでしょうか
ブームになっているIHでなく「夢だった七面鳥が丸ごと焼けるロースター」のあるロジェールの独立型コンロを選ばれたのもオーナーのライフスタイルを実現するためです

大正ロマンの和室大正ロマンをイメージした和室です
Ykさんのアンティーク趣味は西洋だけにとどまりません、むしろ茶箪笥なども目にとまるとつい買ってしまうという
昔デザインの手作り感、古びたやさしさが共感を呼ぶのですね
和室用の柾目の無垢材を漆(うるし)色にという注文にためらう塗装屋さんを尻目に、昔風の手まり模様の襖紙を選ぶYkさん
この空間だけはYkさんのもの、いや今の住人「ペコちゃん人形」のものなのでしょう

階段ウエディングドレスの撮影にも使われた階段はゆったりとしてルーミーにレイアウトしています
階段横のカップボードやミシンなどのレイアウトも想定内だからこそ創りえる豊かな空間です
照明の位置も1センチ単位で指示を出されたYkさんもこの空間に下げる照明だけは決まらず、1年半後に取り付け依頼を受けました

インテリアも見所満載です
■perfect インテリアvol02



▲トップへ



Pressで雑誌の記事をご覧いただく予定です(しばらくお待ちください)Archivesへ

より詳しい私のカントリーの記事がごらんになれますArchivesへ


▲北米型住宅のTOPへ戻ります