クオリティを求めて・M’s(エムズ)

MARVINワーロード工場
MARVINワーロード工場
人はすぐれたものにめぐり合うとき、さらに新しい高みへとスタートを踏み出します

アメリカ北部ミネソタ州小都市ワーロード、米国有数のサッシメーカーMARVIN社がそこにあります。
アンビエントホーム福岡(旧メープルホームズ福岡)はマービン社のサッシと出会い、ハイクオリティな空間を求める住宅メーカーとしての道を歩んできました。

“Marvin are made to order” 社員3000人を超える大型工場にもかかわらず、MARVIN社は創業当時の受注生産を貫いて現在に至ります。

MARVINパーツリスト
MARVINパーツリスト
われわれの元へ定期的に届くMarvin社のスペックリストはゆうに1000ページを超え、
そこには今まで生産されたサッシの図面とすべてのパーツが網羅されています。
驚くべきことに、生産年とデザイン番号をマービン社に送れば、20年前にMHFでお届けしたすべてのマービン社窓のパーツのメンテナンスが可能です。

そのマービン社が21世紀に新たに送り出してきたのが Integrityシリーズ。

Integrity LowE-Ⅱ
Integrity LowE-Ⅱ

90年親しんできたポンデローサパインのハイブリッド被覆材を、アルミに変えてよりガラスに近い物性にもかかわらず断熱性のすぐれたアルトレックスを採用します。
Low-E Ⅱランクのペアガラスをも標準化しエナジースターを取得して登場しました。
“Built to Perform” その先見性こそMARVINの企業クオリティにほかなりません。

アンビエントホーム福岡が新たにM’sシリーズをお送りするにあたり考えたことは、まさしくIntegrity同様、21世紀スピリッツ
それは「ミニマム バット マキシマム」コンセプト
Integrityの登場によりM’sが産まれたといってもよいでしょう

ランクを超えたクオリティとコストパフォーマンス
M’sはクオリティをコストダウンの犠牲に致しません。
M’sはオーナーになられるあなたのオリジナリティをコストダウンの犠牲に致しません。
当然,LCC(ライフサイクルコスト)に準じたトータルでのエネルギーセーブを追及することをお約束します。

エムズのページへ


▲Conceptへ戻ります